宇宙ヤバイ

このサイトは、宇宙や地球に関連するサイエンス系のスレをまとめたり、ネタを提供したいなと思います。

【NASA】ケネディ宇宙センターがストリートビューで見学できる(リンク、画像、解説動画あり)

1: ベガスρ ★ 2012/08/03(金) 13:55:26.41 ID:???
宇宙キター:
NASAのケネディ宇宙センターがストリートビューで見学できるぞ
スペースシャトルの打ち上げ台など、ケネディ宇宙センターをGoogleストリートビューで見られる。

NASA(米航空宇宙局)の施設に入ってみたい、そんな夢をGoogleがかなえてくれた。
ストリートビューで、ケネディ宇宙センターの中を見られるようになった。

スペースシャトルの打ち上げ台、
https://maps.google.com/?ll=28.572462,-80.562744&spn=0.535481,0.313797&t=m&layer=c&panoid=ttE5-TYtRtcbjEwMgVsl3g&cbp=12,233.27,,0,-22.64&cbll=28.608495,-80.603791&z=11

NASA見学2


>>【NASA】ケネディ宇宙センターがストリートビューで見学できる(リンク、画像、解説動画あり) の続きを読む

【速報】2013年11月末世界滅亡へ? 月より15倍明るい史上最大の彗星アイソンが地球へ接近 

1: ジャガーネコ(新疆ウイグル自治区) 2012/09/30(日) 10:12:26.55 ID:SkaYYxtF0●
2012-09-28 08:21:08 テーマ:宇宙体験

http://ameblo.jp/rakuouyotimu/entry-11365252614.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 来年11月から12月にかけて、史上最大の彗星が接近するらしい。

この彗星はロシアの光学観測ネットワークによって発見されて「アイソン」(ISON)と命名されている。
 起源は太陽系外縁にある”オールトの雲”にあり、現在は木星軌道の外側から太陽に接近中。

2013年11月末から12月にかけて太陽に接近し、北半球では月の15倍の明るさとなり日中でも見えるという。
 20世紀最大の彗星と言われたヘールボップ彗星を遙かに凌ぐ明るさとなり、天文学的一大イベントといえよう。

 そして、この彗星がもし青い色をしていたら、ホピ族予言にある世界終焉予言 最後の予兆、

「あなたは天の住居のことを耳にするだろう。
それは大音響とともに落ちてくる。
それは青い星のようにみえるだろう。
これが落ちてまもなく、わが民の儀式は終わる」
と符合するかも知れない。
来年末頃は日本も世界も大変な状況になっているだろうか?

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2209293/Comet-brighter-moon-fly-Earth-2013.html
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2012/09/27/article-0-153AC3BE000005DC-974_634x389.jpg
彗星1

http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2012/09/27/article-0-153AC3B6000005DC-587_634x409.jpg
彗星2


>>【速報】2013年11月末世界滅亡へ? 月より15倍明るい史上最大の彗星アイソンが地球へ接近  の続きを読む

NASAの火星探査車キュリオシティー、「勢いよく流れる川」の痕跡を発見

1: 一般人φ ★ 2012/09/28(金) 23:38:06.78 ID:???
【9月28日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は27日、かつて火星の地表を「勢いよく流れていた」とみられる太古の 川によって運ばれた砂利が、火星探査車キュリオシティー(Curiosity)によって発見されたと発表した。

 火星に水が存在したことを示す証拠はこれまでにも発見されているが、川床の砂利が見つかったのは
これが初めて。

 ゲール・クレーター(Gale Crater)の北端と、キュリオシティーの目的地であるシャープ山
(Mount Sharp)の基盤との中間地点で撮影された画像には、礫(れき)岩の層となって固まった小石の 集まりが写っている。

 NASAによれば、小石はその大きさからみて風ではなく水流によって運ばれたことが分かる。また形が丸い ことから、これらの石がクレーターの外縁上部から長い距離を流されてきたとみられるという。

 NASAの科学者らは、この流れは秒速3フィート(約90センチ)と速く、深さは人のくるぶしから腰の間あたりまで あったと推測している。(c)AFP



▽画像 米航空宇宙局(NASA)の火星探査車キュリオシティー(Curiosity)が撮影した、かつて火星の地表を流れていた 川によって運ばれた砂利が固まってできた礫(れき)岩(2012年9月14日撮影)。(c)AFP/NASA/JPL-Caltech/MSSS
http://img.afpbb.com/i-img/image_for_msafari.php?article_id=9595431&mode=normal_detail&.jpg

9a6eb26a.jpg

▽記事引用元 AFPBB News( 2012年09月28日 10:18)
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2904315/9595431


▽NASAプレスリリース
http://www.nasa.gov/mission_pages/msl/news/msl20120927.html



2: 名前をあたえないでください 2012/09/28(金) 23:49:44.01 ID:NfMAbu/e
3億年ぐらい前は、今の地球と同じように人間が生活していたと思う。
今よりずっと優れたインターネットやスマホ、パソコンもあったと思う。

22: 名無しのひみつ 2012/09/29(土) 01:29:40.25 ID:PTnCbGIE
>>2
そんなに優れた技術を持っていたなら地球に来ていてもおかしくないな

24: 名無しのひみつ 2012/09/29(土) 01:50:30.63 ID:cMHTs6t2
>>22
俺達は火星人の末裔だよ
特命リサーチ200Xで言ってたもん

3: 名無しのひみつ 2012/09/28(金) 23:53:28.48 ID:qSvy91nH
おおっ!!こういう情報を待っていたよ!>>1
火星には夢がある

>>NASAの火星探査車キュリオシティー、「勢いよく流れる川」の痕跡を発見 の続きを読む

【宇宙ヤバイ】100億光年のかなたにブラックホールが数百万個

black-hole111.jpg

1: ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★ 2012/09/01(土) 13:24:15.67 ID:???0
米航空宇宙局(NASA)の広域赤外線探査衛星(WISE)が、数百万個のブラックホールと、
約1000の非常に高温で塵粒子(ダスト)に覆われた銀河を発見した。
これらの銀河はこれまでに発見された銀河の中で最も明るいと見られる。NASAはこれらの
銀河を「Hot Dust-Obscured Galaxies(高温のほこりに覆われた銀河)」
の頭文字を取って「ホットドッグ」と名付けた。
研究者らによると、このホットドッグの中心には巨大なブラックホールが存在し、
放出する光の量は太陽の100兆倍だという。画像で見ると明るく見えないのは、
各銀河がダストで覆われているためだ。

*+*+ CNN +*+*
http://www.cnn.co.jp/fringe/35021215.html


>>【宇宙ヤバイ】100億光年のかなたにブラックホールが数百万個 の続きを読む

【宇宙】VLBIで超巨大ブラックホールに肉薄 撮影に近づく成果 地球から約5400万光

1: 一般人φ ★ 2012/09/29(土) 00:14:50.48 ID:???
 地球から約5400万光年離れた超巨大ブラックホールのごく近くを、電波望遠鏡で観測することに
国立天文台などのチームが成功し、27日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。これまで誰も見たことがない ブラックホールの撮影に近づく成果という。


 チームは、米西部やハワイなど3カ所にある電波望遠鏡をつないで観測。おとめ座のM87銀河の中心にあり、 太陽の約62億倍の重さを持つ超巨大ブラックホールから噴出するジェットを調べた。


 ジェットは根元が細く絞られ、ブラックホールから離れるほど広がる。チームは、幅約1千億キロまで絞られた 根元の部分の観測に成功。


▽画像  超巨大ブラックホール(中央の黒い丸)と、噴出するジェットの想像図(国立天文台・AND You社提供)

http://img.47news.jp/PN/201209/PN2012092801002277.-.-.CI0003.jpg
scn12092809170001-p1.jpg


▽記事引用元 共同通信(2012/09/28 3:00:13)
http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012092701001521.html


▽国立天文台プレスリリース
http://www.nao.ac.jp/news/science/2012/20120928-black-hole-jet.html

▽Science
「Jet-Launching Structure Resolved Near the Supermassive Black Hole in M87」
http://www.sciencemag.org/content/early/2012/09/28/science.1224768


>>【宇宙】VLBIで超巨大ブラックホールに肉薄 撮影に近づく成果 地球から約5400万光 の続きを読む

もしもブラックホールに落ちたら

fig1_l.jpg


1: ニュース二軍+板記者募集中!@pureφ ★ 2012/10/01(月) 03:31:24.37 ID:???
もしも科学シリーズ(10)もしもブラックホールに落ちたら


ブラックホールに吸い込まれた宇宙船が、時空を超えて再び現れる。SF映画では定番のストーリーだが、実現可能なのか?

ニール・ドグラース・タイソン博士の著書「ブラックホールで死んでみる」では、ブラックホールに落ちるのが宇宙で最も華々しく死ぬ方法と
記されている。そのプロセスは残酷で、仮に録画できたとしても、とても放映できない死にざまだ。

■素粒子と化す自分

ブラックホールは、その中心に向かって強大な引力がはたらく領域だ。ホールの名から誤解されやすいが、何でも吸い込む穴ではなく、
着陸したら2度と脱出できない天体と考えるとわかりやすいだろう。宇宙との境界線である「事象の地平線」の内側に入ってしまうと
光すら脱出できないのがブラックの由来だ。

天体からの脱出に必要なエネルギーは、その天体の質量・重力が大きく、直径が小さいほど多くなる。計算式は省略するが、身近な
天体からの脱出に必要な速度は、
 ・地球 … 11.18km/秒
 ・月  … 2.38km/秒
 ・太陽 … 618.02km/秒
だ。秒速11.18kmはおよそ1時間で赤道を1周する速さだから、地球脱出でさえ膨大なエネルギーが必要である。この2万7千倍にも及ぶ
光速(秒速30万km)でも脱出できないのだから、ブラックホールの引力がいかに強力か、おわかりいただけるだろう。

ブラックホールの作り方は極めて簡単で、なるべく質量と重力の大きい天体を選び、脱出速度=光速となるシュヴァルツシルト半径まで
圧縮するだけで良い。地球なら直径9mm、太陽は3km程度になれば完成だ・・・



関口 寿/ガリレオワークス/マイナビニュース/アメーバニュース 9月30日12時50分
http://news.ameba.jp/20120930-163/


>>もしもブラックホールに落ちたら の続きを読む

【宇宙】星団内の太陽型恒星に初の惑星発見

M44 (NGC 2632)

1: ◆EMP2/llDPmnz @透明な湖φ ★ 2012/09/23(日) 01:18:52.50 ID:???

 星団に属する太陽型恒星の周囲に、初めて惑星が発見された。この発見は、惑星
探索の範囲を広げる必要性を示すと同時に、地球よりはるかに明るい星空を持つ惑
星のイメージをかきたてる。

 新たに見つかった惑星「Pr0201-b」と「Pr0211-b」は、いずれも親星である恒星にご
く近い軌道を公転している巨大ガス惑星、いわゆるホット・ジュピターであるため、非常
な高温の環境となっており、われわれの知るような生命は存在できない。

 両惑星が属するのは、地球から約550光年離れたかに座のプレセペ星団。若い恒星
1000個ほどからなる同星団は、アマチュア天文家の間で人気の観測対象となっている。

「天文学上の発見は常に興味深いが、今回の発見に関しては、小さな望遠鏡、何なら
自分の指でもいいが、それを星団に向けて、あそこに惑星があるとはっきり言うことが
できる」と今回の研究を率いた天文学者のサム・クイン(Sam Quinn)氏は述べる。



>>2に続く

ソース:ナショナルジオグラフィック
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120921002&expand#title

画像
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/bigphotos/images/new-alien-worlds-around-sun-like-star-cluster_59381_big.jpg
密集した星団内で明るい恒星に囲まれる巨大ガス惑星(想像図)。




>>【宇宙】星団内の太陽型恒星に初の惑星発見 の続きを読む

アクセスランキング ブログパーツ