太陽1


1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/03(木) 02:57:32 ID:0kLcc/sX
ストーブあるし即死は無さそう

2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/03(木) 13:38:12 ID:Y68BfTGu
寒いね

4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/03(木) 15:44:22 ID:e1sLjnY5
たちまち凍りつく

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/04(金) 02:14:34 ID:VCcYqUkQ
地下深くの原子炉があるシェルターがあれば、数人程度なら十年程度生存可能。


11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05(土) 08:35:22 ID:siUsHDIA
>>5>>6

太陽がなくなる時点で、地球は太陽系最果ての海王星とかと同じような酷寒地獄になる
温度も絶対零度近くまで下がるから、大気の主成分の窒素も酸素も全て凍りついて雪になって地表を覆い尽くす
んでもって地上は呼吸もできない真空状態

これじゃ地下に逃げ込んだところで先は長くないと思う

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05(土) 12:19:29 ID:Bmhpuerg
>>11
まあそういうことなら地上から固体酸素採掘してもってくるとか。
って、真空中で採掘作業できるテクノロジー自体少ない人間では維持できないか。

46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/17(木) 23:39:46 ID:41JrZ+Kb
>>11
マグマの熱さは太陽がなくなっても健在でしょう。

地下に行けば行くほど熱はあるんじゃないでしょうか。
9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05(土) 02:38:02 ID:jp+etnEu
>>6
しばらくすると地上の酸素も液体になり、やがては固体になる。
そうなると酸素の確保も難しくなる。

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/04(金) 10:45:42 ID:upCIbNj5
太陽がなくなる時点でこの太陽系は終わりです

10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05(土) 02:46:08 ID:aHl61K1b
遠心力で地球が遠くまで飛んでいくから
下手すれば近くの星と引き合って終わり

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05(土) 11:04:46 ID:nw5UkylZ
そうなのか。
超安楽死できそうでよかった。

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05(土) 14:15:49 ID:URco1nqj
そんなに瞬間には凍りつかないよ。
今だって夜は日光当たってないだろ。
要は温度が問題なんだから、燃料使えば1年は生き残れるだろうよ。
燃料持ってない土人はすぐ死ぬだろうけど。

16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05(土) 14:29:58 ID:Bmhpuerg
>>15
日が落ちてから翌朝までの気温低下ペースがずっと続くことを想像してみよう・・・

24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/06(日) 02:43:03 ID:UvcNubP2
>>15
熱帯地方でも1週間以内に地上は凍りつく。熱帯地方の海も1か月以内に凍りつく。
火山噴火している場所以外の地上は、2か月以内に零下100度を下回ると思う。
零下100度以下では燃料云々に関係なく凍死する。

半年以内に燃料を燃やす酸素や窒素が、雨のように液体になって降ってくる。
窒素や酸素の雨が降りやんだら、ほぼ真空に近い状態になる。
その数か月後には酸素や窒素も固体になる。
太陽が消えてから1年経過する前に地球は何もかも凍りついた星になる。
火山が噴火している地点で溶岩と接触した酸素や窒素が気体になっても、周囲は真空なのでたちまち発散する。

酸素:融点-218.4℃ 沸点-182.96℃   窒素:融点-210.0℃ 沸点-195.79℃

17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05(土) 14:59:29 ID:TGk6xElJ
太陽が消滅することが100年前から分かっていれば、万単位の人間は生き残って世代を繋げられる。
しかし今この時に消滅したら、地下に逃げ込んでも、地上の真空状態に対応できるだけの設備がないので1ヶ月ももたない。
1年くらいはなんとかなりそうなのは原子力潜水艦の船員だけ。

20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/05(土) 21:44:44 ID:TGk6xElJ
よく考えたら太陽が消滅するような事態になっても、
微生物だけは地下深くで地熱に守られながら生き延びられるんだよな・・・

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/06(日) 21:05:27 ID:EM0lVmhO
現実的な消え方?だと地球も巻き込まれて消えるよな。

34: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/11(金) 19:42:41 ID:tfmv7Mj+
結局物理的に太陽が崩壊するなら地球はアボーン
太陽がなくなるというなら星間移動時の人類生存確率と大差ないかも

36: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/12(土) 15:52:00 ID:pDnVrgeb
なるほど

37: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/12(土) 23:17:48 ID:XPSckO6s
そもそも太陽が無くなってから太陽光は何年くらいもつんですか?

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/13(日) 01:16:32 ID:dPInYdUN
8分ちょっと

52: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/19(土) 13:11:18 ID:BKZJbUHH
氷河に包まれて人類は絶滅するよ

57: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/19(土) 20:40:20.43 ID:P8NUEf/K
確かに地球もいろんな惑星があるうちの一つで太陽を中心とした太陽系のそのはしくれに過ぎない。

太陽に惹かれてその他諸々の惑星が回ってるとしたら、太陽って偉大だな…。

さぁ本題に戻ろう。

60: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/20(日) 03:16:14.26 ID:kIKkc97Q
断熱性能の高いコロニー作って、内部の熱を保つのはダメなの?
表面とかを赤外線を吸収する素材にして、内部で核融合して発熱するとかで

宇宙空間なら放熱って大分遅いよね、断熱性の高い素材とかなら尚の事だと思いたいんだが

61: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/20(日) 12:56:17.81 ID:ei1r6lRc
>>60
内部に熱源置けるならそりゃどうにでもなるけど。
表面積と表面温度次第だね。
エネルギーさえあれば理論的には酸素水リサイクルや植物育てることも可能だし。

62: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/20(日) 14:47:11.26 ID:2bjzANqD
まあ、そこまでやるんならデッカい宇宙船でも作って手頃な系外惑星目指した方がいいと思うね。

63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/20(日) 21:05:19.24 ID:MKD9wI7H
お前ら温度だけだと思ってる?植物は光合成できねえぞ?
地球の酸素の大半はアマゾンの原始林だし。

65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/20(日) 21:24:11.65 ID:ei1r6lRc
>>63
エネルギーさえあれば光はどうにかなるよ。
人間一人を支える分がかなり膨大だけどな。

67: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/20(日) 22:54:29.23 ID:kIKkc97Q
>>63
核融合で発電して人工光で育てれば良いじゃない
と言うか、そうでもしないと酸素が自給自足できない

66: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/20(日) 22:36:12.31 ID:3HiB3cxL
まぁいきなり消滅されたらやばいけど

消滅するのがわかってて
準備期間があれば生き残る仕組みは作れるんじゃねーか?
数万人が限度だろうけど。
まぁその数万人に選ばれるために
核戦争で先に全滅するに一票。

84: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/25(金) 10:53:42.00 ID:6trec5nC
割とみんな温度の心配しかしてないけど、突然太陽が消えると
地球の軌道が直線運動に突然変わるわけだよね。まぁ引力自体が
消滅するわけだからそこで突然吹っ飛ばされるとか横Gが生じて
なんて事はないようにも思えるけど、潮汐力の突然の変化とかで
地球は一瞬ぐじゃっと液状化するみたいなことで、遠くから見た
惑星としてはまぁ原型をとどめるとしてもそこにいる生物に
とったら一瞬とても耐えられない変化とか起こらないもんかね。
あと、そのまま直線運動で飛んでって、今度は運悪く木星に近づく
方向だったりして程なく引き込まれてアボーンとか、、、

90: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/25(金) 21:08:19.70 ID:Gq8269fh
>>84
そうだよなぁ
温度はともかく自転公転に影響が出てどうなるやら・・・

91: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/25(金) 22:26:20.85 ID:fbuveR3b
>>84
急に太陽消えたら
今までに経験のない巨大地震がいきなり発生するかもねと。

93: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/25(金) 22:29:38.17 ID:fbuveR3b
木星も全部ふっとんで行くのか。

各惑星が太陽消滅時の公転位置によって
いろんな方向にすっとんでいくけど
運悪く惑星同士がぶつかる可能性はあるのか
それでなくても火星と木星の間の岩石群のどれかには衝突は避けられないかも。

2次元平面上でのことだからぶつかる可能性は高いような気がする。

97: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/26(土) 02:55:10.97 ID:1VMZNT3c
>>93
計算すると太陽が消えてから4か月後辺りが一番衝突する可能性が高い。
その頃には、海は全てかなり深くまで凍結して、地表は零下100℃以下になっている。
生き残っている生命は、地下深くの微生物と海底深くの生物だけだろう。
10mや20mの小惑星が衝突しても、それによって死ぬ生き物などいないと思う。

101: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/26(土) 06:04:38.05 ID:umYjPywD
まぁ元々惑星同志が衝突するのなんて天文学的確率なのは承知なのだが
一瞬で太陽がなくなると、その瞬間の全惑星、全小惑星、全衛星の
直線運動の方向はバラバラになるわな。んでもって今度はお互いの
引力で引き合うわけだから、なんかぐじゃらっと飛び交うちり軍団の
中ででかいのにだんだん惹かれて最後はどかんと、、、なんて気も
するが結局ばらばらに逸散してぶつからない方がありがちな気も
するね。でも消滅瞬間の地球超大地震、地下シェルターも全部没。
ってのはなんとなくすごくありそうな気がする。

116: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/02(水) 18:37:08.38 ID:AKvzEaH8
地熱を利用した、ちょうどいい温度の居住空間を地下に作ることさえ出来れば、
なんとか永続的に生き延びられそうだな。
地熱がなくなるまでにはまたなにか思いつけるかもしれん。

118: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/03(木) 12:11:32.57 ID:+u0PXp0+
そうして徐々に深く深くへ潜って行けば、数百年は生きながらえるか???

120: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/03(木) 18:51:32.50 ID:bu3X/b+x
>>118

地熱自体はもっと長持ちする
地球が完全に冷え切って冷たくなるまでの時間は多分太陽の寿命よりも長いはず
誕生から46億年たってもこれだけ活発に活動してるわけだからね

数百年程度じゃ地熱は全くといっていいほど衰えないから、仮に地熱を利用して生き延びる手段が実現すれば
もっと長期間同じ場所に留まれると思う

121: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/05(土) 00:13:14.65 ID:FhOETBPp
>>120
居住スペースは290Kに保って、そこからより深いところ、浅いところへ
発電ブームを伸ばせば、温度差で発電し放題。
これで永住が出来そう。

123: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/06(日) 03:30:12.57 ID:mIw+krjf
>>121
永住は難しいと思う。
発電設備やその他の機器を生産するには、少なくとも数百万人は必要。
設備が老朽化して使えなくなるまでしか住めない。

植物栽培用の発光ダイオードだとか電子機器は数千人や数万人では生産不能。

119: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/03(木) 14:06:08.47 ID:Aq4HVtpB
落盤してあぼーん

127: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/08(火) 03:13:10.80 ID:T0+lh+g0
氷河期ってレベルじゃねえぞ

144: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/28(月) 17:42:12.73 ID:f+rUJzWA
1週間もてば良い方じゃね
太陽の熱が無くなったとたん季節のジワジワ来る冬とは違って消滅した瞬間から数時間でマイナス数十度の冬が襲ってくる
大気なんてのは速攻で熱を奪われる
海水や地球自体が熱を持ってるという反論も有るだろうが人が住んでるのは地球の外側なので大した効果は期待できない
深海魚なら多少永らえるかもしれないがね

145: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/28(月) 21:07:27.40 ID:fZ/pMa5Z
>>144
永久に夜が続くようなものなので、しばらくは1時間につき0.5℃~1℃程度の割合で気温が低下すると思われる。
海水は大気より冷えにくいので、熱帯地方の海の表面が凍りつくのは数週間後になる。
深さ4000mの太平洋が底まで凍りつくのは1年以上後ではないか?
深さ5000m以上の海溝は、地熱によって凍りつかない可能性もある。

>全球凍結の時、北極や南極ではマイナス90℃、赤道付近でもマイナス50℃
>すべての海が、なんと深さ1000mまで凍ってしまうという計算結果が出ている
http://www.eps.nagoya-u.ac.jp/~yoshida/japanese/lecture/rikei-kyoyo/reports2004/kano.htm

>太平洋の平均深度は4028メートルから4188メートル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B

181: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 00:34:34.92 ID:YULe/Pth
宇宙漂流星に生きるのも悪くないな
いや、悪いか

184: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 11:14:17.38 ID:uPfepKDL
太陽ってスーパーな奴だな

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/galileo/1296669452/